日本屈指のディープスポット「飛田新地」とは?

関西地方の魅力的な女性と風俗事情【裏と表を大暴露】

MENU

大阪-飛田新地とは

「エロ」が好きな男性ならば一度は耳にしたこが有るであろう大阪の「飛田新地
今回は飛田新地の遊び方や内容等を事細かにご紹介していきます。

 

場所

大阪は西成区にその場所は有ります。
昼間は「閉店後の料亭」がずらり100件程並んでおります。
「飛田新地 料理組合」なんて看板も有るほどです。

 

ここが夜になると一変します。

 

1958年の買春禁止法の施行後は「遊郭」から「料亭」へと看板が変わったものの、やっていることはほぼ同じであるといえます。

 

全ての玄関が開かれ、中にはピンク色のスポットライトに当てられたなんとも美しい妖艶な女性達。胸の谷間や脚を強調し、中にはコスプレをした女性たちが男を誘う。

 

隣にいるお婆さん「やり手婆」さんと交渉しその後は嬢と2階に上がりそこで「自由恋愛を楽しむ」という名目となっております。
まさに究極の風俗であり聖地と言えるでしょう。

 

 

料金と時間設定

営業時間は夕暮れから24時まで。

 

料金
  • 15分11000円
  • 20分16000円
  • 30分22000円
  • 60分44000円

多少の変動h常にあるものの超強気な設定となっております。

 

 

日本最後の遊郭

「日本最後の遊郭」という言葉がまさにふさわしいと思います。
ギラギラとしたライトに照らされ、キャッチのお兄さんが声をかけてくるような東京のネオン街、風俗街とは大違いで、その雰囲気はまさに「遊郭」。
淡いピンク色の光の中に照らされる女性はなんとも美しいものです。
やり手婆から声はかけられるものの、嬢は一切声を出さずにニコニコとしています。

 

 

働く女性

働いている女性の見た目レベルは「六本木のキャバクラ嬢より質がいい」と言われるほどとなっております。1週間で100万円稼ぐ女性もいるとの事で、若い女性には魅力的なバイト先となっているそうです。

 

当然全国各地から応募が殺到しているそうです。
まずは書類審査。顔写真、全身写真、3サイズ等です。この時点で半分が不合格。
その後面接がありますが、実際に採用されるのは2割程度です。

 

応募が殺到しているということは、完全に「買い手」市場となり、見た目や性格に難がある子は採用すらされません。
1000人の応募で実際に働ける女性は70人程だそうです。

 

 

環境 衛生

「料亭」の組合が作るしっかりとした管理により、「暴力団排除」「性感染症の防止」まで徹底しているそうです。
「怖い」「怪しい」という印象はかなり薄れてきているように感じます。

 

 

青春通り メイン通り 妖怪通り 年金通り

青春通りとメイン通りは同じもの、妖怪通りと年金通りも同じものと思って下さい。
可愛くて綺麗な子が多い通りと、おばちゃんが多い通り、
ルックス重視かサービス重視といったところでしょうか。
妖怪年金の方にも若い子はいるそうですが、自閉症になった子やアル中になった子等難ありな嬢だそうです。

 

 

変なお客さん対策

例えば暴力的だったり、生でやろうとしたりすると、嬢は手元のボタンで「やり手婆」を呼び出します。それでも収まらない場合は、お店のマスターが呼び出され、次に組合の方々、最終的には警察が出動します。
ルールを守って遊ぶことをおすすめします。

 

 

撮影禁止

街自体が撮影禁止エリアとなっております。
それでも最近は盗撮が多いらしく、組合の方がお客さんを装って歩いており、撮影がバレると消すように指示されます。

 

 

人気の理由

大きな特徴としてあげられるのは

  • 超ハイレベルな嬢と遊べる
  • 実際に見て選べる
  • 街全体の落ち着いた妖艶な雰囲気

といったことが上げられます。

 

短時間でサクッと可愛い子とやりたい男性には最高の場所だと思います。

 

大阪というより、日本の中でも最高峰のディープスポットである「飛田新地」是非一度遊びに行ってみては如何でしょうか。