店数の減少とキャストレベル低下が悪循環し、奈良風俗は壊滅状態

関西地方の魅力的な女性と風俗事情【裏と表を大暴露】

MENU

奈良−奈良

大阪や京都の祇園、神戸の三宮などの影に隠れてあまり注目されませんが、奈良県にも一応風俗店がある歓楽街はあります。
新大宮駅の近くに栄えている歓楽街がありますが、大阪や神戸に比べると数が少なく規模が小さいのは事実です。

 

奈良の風俗街には、人妻・熟女系のデリヘル店が多いですが、ピンサロやパブ系のお店もあります。実は奈良県に関しては以前よりも風俗店が格段に減少しています。
供給と需要のバランスからどんどん淘汰されていってしまう現状があります。

 

そういった意味では奈良県に住む風俗に仕事を求める女性たちは、近くの大阪などに新天地を求めて流出していってしまいます。

 

その意味で奈良の風俗店には人材が不足して、歓楽街が活性化しないというのが実情のようです。したがって風俗店に在籍している女性の年齢層が高かったり、入れ墨やリストカットのある女性など他県の風俗店で断られた女性が働く場となっていたりと人材的にも縮小傾向にあるのが残念なところです。

 

利用したユーザーが「嬢にやる気がない。」「街に活気がない。」と不評な声が聞こえるのも無理はありません。

 

ただなにかしらの事情で奈良県に在住していて、風俗で稼がなくてはならない事情のある素敵な女性もいないことはないでしょう。

 

そして奈良県にはソープランドというものが1軒もありません。
したがって高級風俗店で泡プレイを楽しみたいというユーザーは奈良県で遊ぶことはできません。また奈良県は店舗型の風俗店が少ないことも付け加えておきます。

 

このように奈良県というのは全国的に見ても風俗街というのが縮小傾向にあるので、本格的に遊ぼうと考えている人にとってはあまりおすすめできません。
出張や観光で訪れてそのついでに「ちょっと風俗でも利用しようかな。」というときに覗いてみるのもいいでしょう。